title-s.gif (1232 バイト)  
CD JOLO & NAGA 

2006年3月、ナガへ行ってきました。そのときに録音したジョローの歌や村での伝統的な歌や様々な音をまとめてCDにしました。1枚1500円で販売していますので、お求めの方はメールをお願いします。

録音内容については、各曲の頭の部分を聞けるようにしましたので、試聴できます。下記曲目説明の部分をクリックしてください。

なお、このCDでの収益金の一部は著作者権としてジョローと、録音した村に送ります。

 

ジョロー&ナガのCD


CD表

彼がジョロー
 

CD裏

 

 

JOLOサラメティの恋人   作詞/作曲/歌/演奏:ジョロー(JOLO)
*下記曲名をクリックするとCDの試聴ができます。

01

男たちが山で木を切る                  ・・・道中にて録音

00:20

02

サラメティの恋人(サラメティ チットゥ)

03:47

03

歩いてついてきてください

03:08

04

子供のときに帰れるかしら

02:37

05

小さなころの結婚式

02:58

06

美人と出会えば心は踊る

02:26

07

川を渡ろう

02:06

08

2羽の鳥が枝の上に

02:13

09

サラメティの恋人(リフレイン、アカペラ)

03:35


NAGA
遙かなるナガの歌   ナガの村にて

10

ナガの山に住む鳥が優雅な声で歌う             ・・・道中にて

00:19

11

彼女には両親がいないので、僕の親は結婚に反対する
                         ・・・トンクーナガの伝統的口承歌

02:52

12

花嫁と花嫁の両親             ・・・トンクーナガの伝統的口承歌

03:02

13

大きな結婚式を開いた花婿の両親への称賛
                         ・・・トンクーナガの伝統的口承歌

03:47

14

ナガの伝統的な口琴                          ・・・村にて

00:22

15

花婿と花嫁が水のごとく涼やかで、花のごとく香しい生涯を過ごせますように                      ・・・比較的新しいトンクーナガの歌

02:48

16

花婿花嫁を招きます          ・・・比較的新しいトンクーナガの歌

02:48

17

季節外れの雨となり、雷鳴が山にこだまする          ・・・村にて

00:28

18

Hosanna Hosannna Jesrey            ・・・村の教会での賛美歌

02:35

19

いざ起て戦人よ Song of the Soldier      ・・・村の教会での賛美歌

04:28

20

To The Work To The Work            ・・・村の教会での賛美歌

02:40

21

小鳥が歌う山の中、牛飼いが急坂を上って行った     ・・・道中にて

00:19


サラメティの恋人(Sarameti Chiddu)   作詞・作曲:ジョロー (JOLO)
訳詞:土橋泰子
なつかしのわが村は山国に
万丈越すサラメティ山の峯々
小鳥のさえずり 耳をあらう
背負いカゴに鋤、鍬入れて
畑へ向かう これがナガの習い

【台詞】
あの遠い幼き日々、
サラメティ山の土を耕しながら、
畑で遊んだ日々、あの子供の頃を
忘れてしまったろうか

サラメティ山のいとしき人よ
腰布巻いておれは行く
ナガの流儀さ
サラメティの山里の娘(こ)よ
わがいとしき人よ
カウンイェー酒1杯飲んでおくれ
疲れを癒そう、これがサラメティの
愛の証し
 

【コーラス】
山の民に生まれたは わが誇り
見あきぬ美しさ、サラメティ山の景色よ
ヤンゴン人(びと)にも来させたい
イェーイェーイェーイェー


ナガとジョロー

3000m級の山々が連なるインド国境地帯。戦時中はインパール作戦の舞台にもなった山々にナガの人たちが住む。最古のアジアを今に伝えるといわれている。

2006年、私はナガの村々を訪れ、トンクー・ナガの友人、ジョローと再会した。彼はナガではちょっとした有名人である。祭りでは自らのバンドを率いステージで歌ったり、インド側のナガでテープを自主制作したりしている。そんな彼も普段は田舎の村で農業にはげんでいる。

今回、私はジョローの村で彼の弾き語りを録音した。彼の歌声はナガの山の中で心にしみた。このCDで彼の歌の素晴らしさを少しでも紹介できたら幸いである。また、ナガの自然の音、伝統的口承歌、教会での賛美歌も同時収録した。特に、トンクー・ナガ語でホールンと呼ばれる口承歌は幾世代に渡って歌い継がれたもので、今も生活に生きている。

2006年 録音/編集/制作:後藤修身

 
トップ